Contact us now
+1-888-846-1732

安心安全ペーパードライバー教習

自動車免許を取得したものの、それ以来しばらく運転していなかった人ペーパードライバーと言いますが、そういった人が自分の運転技術を思い出す、もしくは自信を取り戻すために練習できる機会として、各自動車教習所にてペーパードライバー教習というものが設定されています。今まで運転の機会がなかった人だけではなく、就職前の時間がある今のうちに運転技術を磨いておきたい、車庫入れや駐車をうまく出来るようになりたい、狭い道に慣れたい、車線変更がうまくなりたい等、各教習所によってさまざまなコースを設定していますので、自分の希望に合う学校を選びましょう。また、教習車の車種も乗用車(セダン)だけではなくトラックを用意しているところもありますので、合わせてチェックしましょう。

ペーパードライバー教習の内容とは

ペーパードライバー教習は基本的にその人のレベルに合わせて、実地訓練により進められます。まずは基本操作として、正しい運転姿勢、ハンドル・アクセル等を含め各装置の取り扱い方法、運転席から死角となる部分の確認といった部分を徹底させ、教習所内コースを運転することにより運転感覚を思い出していくことから始まります。そのあとは、その人のライフスタイルに合わせて狭い道路での運転や車庫入れなど、具体的に指導を受けることとなります。車種別でトラックでのペーパードライバー教習は、乗用車と大きく違う点として、死角特性・車両感覚を基本として思い出していくことから始まります。また、国外で取得した免許証を日本の免許証に切り替え時に必要となる学科・技能審査用のペーパードライバー教習もあります。

目的別に合わせたペーパードライバー教習

運転は時々する程度で、これだけは苦手だというような、うまくなりたい目的がある場合はそれにポイントを置いたペーパードライバー教習を受けましょう。頻繁に行き来する自宅周辺の狭い道路における対向車・歩行者・自転車等とのすれ違いや、曲がり角などにおける技術と歩行者への気配りなど、危険予測のアドバイスをインストラクターより受けながら実際の自宅周辺にて練習をすることが可能です。また、車を運転する場合に必ず必要となる車庫入れの練習も、自宅の車庫もしくは教習所の駐車場にて行います。縦列・後退などさまざまなケースにおいて実践的な練習を行い、車両感覚や車庫入れのコツを教えてもらうことが出来ます。トラックのプロドライバーになるために就職前に技術を磨きたい場合は、乗用車とは違う車両感覚を覚えた後に、走行位置や信号までの遠近感など実地練習にて詰めていくことになります。